身の回りにおきた訴訟エピソード

身の回りにおきた訴訟エピソード

これはよくあるケースだと思いますが

これはよくあるケースだと思いますが、同じマンションに暮らしていた方が大家さんを訴えたことがあります。
問題となったのは敷金のことです。
きちんとキレイに暮らしていたにもかかわらず、敷金がスズメの涙ほどしか戻ってこないと知り、訴訟に踏み切ったそうです。

ところが、少額訴訟で弁護士がつかないことを良いことに、大家さんが請求書などをでっち上げ、裁判所もそれを信じて和解ということになり、支払われた敷金はわずかに増えただけだと言います。20万円以上戻ってくる計算の敷金が、実際に支払われたのが7万円だけでは誰でも怒るでしょう。裁判所があれほど頼りにならないとは知らなかったと、その訴訟を起こした方が話されていました。

私がこのマンションを退去する時、このような敷金問題が起こったなら、絶対に弁護士を雇って訴訟をしようと決めています。弁護士費用を考えれば7万円残っても良い方かもしれませんが、そのような非法なことを許しておくわけにはいきません。


Copyright(c) 2017 身の回りにおきた訴訟エピソード All Rights Reserved.