身の回りにおきた訴訟エピソード

身の回りにおきた訴訟エピソード

知人に地元の地主がいて

知人に地元の地主がいて、その人はアパートをいくつも所有し経営しています。普段は何もしなくてもお金が入ってきていいなと思ったりしていたのですが、裁判所に行かなければならないなどといった話を聞いた時、とても驚きました。

なんでも、家賃を払ってくれない住人がいて、かといって、払えないのならば出ていけとは簡単に言うことはできないのだというのです。
よく賃貸トラブルで、大家に追い出されたというような話を聞くことがあるので、出ていってもらえる方法はないのかと聞いたら、訴訟を起こして相手を訴えないといけないので、裁判所に行かなければならないのだというのです。

そこで、賃貸借契約の解除や建物明け渡しの強制執行をするためにも、裁判で期限などをはっきりさせる必要があるということでした。
しかも、裁判に持っていくまでも色々大変だったようで、家賃の催促に何度も出向いたり、内容証明を送ったりと、お金も労力もだいぶ必要なようでした。

おすすめ情報



Copyright(c) 2017 身の回りにおきた訴訟エピソード All Rights Reserved.