身の回りにおきた訴訟エピソード

身の回りにおきた訴訟エピソード

身の回りに起きた訴訟といえば、相続問題です

身の回りに起きた訴訟といえば、相続問題です。
祖母が亡くなって、たった300万円程のお金をどうやって分けるかで、ビックリするほど揉めました。

父の兄弟は元々そんなに仲良くなかったんです。
娘から見れば、揉める気がしていたんですけど、お葬式途中で揉めている姿を見て、ゾッとしました。
そんなに大きな金額ではないのに、お金は揉める元なんだって、改めて認識しました。

個人的に思ったのは、子供の育て方は相続問題にも大きく関わってくるものだなと思いました。
同じ揉めるにしても、せめて葬式の間ぐらいは静かに送れないのかと思ったら、とても悲しかったです。
結局のところ、祖母は子供の育て方を間違ってしまったんです。
3人の子供それぞれに平等に育てれば良かったものを、初めての子供だったからか、長男の可愛がり方は半端なかったんです。
最後まで面倒を見たのは父でしたが、最後まで長男が可愛くて仕方なかったみたいです。

相続でビックリするほど揉めている姿を見て、父は巻き込まれたくないと判断して、最終的には放棄して終わりました。
ただ、これがきっかけで、私はキチンと子供を育てないといけないなって思いました。

おすすめ情報



Copyright(c) 2017 身の回りにおきた訴訟エピソード All Rights Reserved.