身の回りにおきた訴訟エピソード

身の回りにおきた訴訟エピソード

裁判沙汰は、普通に暮らしていれば起きないと思っていました

裁判沙汰は、普通に暮らしていれば起きないと思っていました。
友人夫婦は誰が見ても仲良しで、まさにそんな状態の家庭だと思っていたのです。

ところが、離婚することになってしまいました。
二人には財産があり、お金が絡むと大変なことになるということを知った出来事でもあります。
なかなか話し合いで解決することができず、訴訟になってしまったのです。
結婚した時に住宅にしても車にしても、色々なものを共同名義にしてしまっていたことが災いとなってしまったように思います。仲が良かったからこそ、共同名義にして一緒に守っていこうと思ったのかもしれません。
しかし、離婚となってしまっては困ります。財産分けが思うようにいかず、訴訟もゴタゴタしながら長く続き、二人とも疲れ切ってしまいました。
どちらも私にとっては友人なので、傍から見ていて辛い時期が続きました。

何とか決着がつきましたが、この出来事から私は結婚をしても、共同名義にすることは避けようと思うようになりました。


Copyright(c) 2017 身の回りにおきた訴訟エピソード All Rights Reserved.