身の回りにおきた訴訟エピソード

身の回りにおきた訴訟エピソード

日本はあまり訴訟に慣れていない為

日本はあまり訴訟に慣れていない為、どこか法に関して軽く考えてしまう人もいるようです。

知り合いは小さい会社を営んでいて、そこに外国人が働いていました。
細かい事は分かりませんが、社長である知り合いと働いている外国人との間で取り交わした条件があったようです。
ある仕事のミスが持ち上がりその外国人を解雇しようとした時、前の話を持ち出して訴訟をされたようでした。
外国人が社長の手書きのメモをきちんと保管していたため、訴訟を起こした外国人が勝ち、その賠償金を払う事になったと嘆いていた事がありました。

人を雇って信頼していたつもりでいても、ある時、仕事で急にその関係が崩れることもあります。上に立つ人は、普段からそのような時に備えて何事も軽はずみな事はせずに、慎重に行動する事が大切だと思うようなエピソードでした。
外国人は特に有耶無耶にしたくないという気質の人が多いようなので、気を付けた方が良いでしょう。

おすすめ情報



Copyright(c) 2017 身の回りにおきた訴訟エピソード All Rights Reserved.