身の回りにおきた訴訟エピソード

身の回りにおきた訴訟エピソード

先月、友人が、働いていたパート先を訴える起訴を起こしました

先月、友人が、働いていたパート先を訴える起訴を起こしました。
何故なら、会社側が働いた分の賃金を支払わないからです。
このような例は初めてで、まさか訴えるなど予想もしていなかった私でした。

パート先では、経営悪化で悪い噂が流れており、従業員の給料も払えない状況だという事は薄々気が付いていました。
3か月前から給料が遅れがちで、彼女が会社に再三請求しても、後でちゃんと支払うから…そう言って白を切るだけで、その後一度も支払われず、いつかは貰えるだろう、そう自分に言い聞かせながら黙って仕事を行っていました。

しかし、先月、とうとう半年前の給料を支払ってもらえないことに立腹し、働いた分を支払ってほしいと従業員全部で社長に言いました。
それでも埒が明かず、裁判所に訴えることになりました。

勝訴は間違いない、ちゃんと働いている証拠はあるのだからと弁護士も言っています。このような最悪な会社で働いていた彼女が可哀想です。
勝訴に向けて、最後まで頑張ってほしいと願っています。

おすすめ情報



Copyright(c) 2017 身の回りにおきた訴訟エピソード All Rights Reserved.