身の回りにおきた訴訟エピソード

身の回りにおきた訴訟エピソード

テレビではよく裁判シーンを目にするけど

テレビではよく裁判シーンを目にするけど、実際に周りで訴訟が起きた事や、自分が関わったことは一度もありませんでした。

でも、この間、身近で訴訟が起こって私も驚いています。
ご近所に住んでいるお宅の子供が、オモチャで遊んでて大怪我をしてしまったんです。
原因は製造したメーカー側にあるということで、親が会社を訴えたんです。
オモチャに指が挟まって骨折したそうですが、実はうちにも同じメーカーのオモチャがあって、子供もよく遊んでいたんです。

でも、普通に使えば、決してケガをするはずは無いんです。
どんな使い方をしていたのか、遊んでる時に親は注意して見てなかったのかなど、私は親にも責任はあるんじゃないかと思いました。

でも、今はPL法というのがあるので、こういう場合でもメーカー側が責任を問われる事も多いみたいです。

よくニュースで製品を回収する案内が出ていますが、あれも不具合があって、ケガをしたなどで訴えられて回収せざるを得なかったのかもしれません。市場にたくさん出回っているようなオモチャで、使っている人の多くはケガもなく、普通に遊んでると思うんです。
使用者が使い方を誤ってケガをしたのに、訴訟を起こされてはメーカー側もたまったもんじゃありませんよね。


Copyright(c) 2017 身の回りにおきた訴訟エピソード All Rights Reserved.