身の回りにおきた訴訟エピソード

身の回りにおきた訴訟エピソード

仕事柄よく聞くのが、交通事故の訴訟です

仕事柄よく聞くのが、交通事故の訴訟です。
交通事故の当事者になった場合、大抵現場で適当なことを言って、後で裁判になる事が多いです。

交通事故の場合、自賠責に入っていれば保険で賄えますが、お互いに不満が出てくるのは金額が低いからです。
それによって、交通事故調停員に申し出て、裁判に進むことになります。訴訟というと、刑事事件といったイメージですが、こういった訴訟も結構たくさん目にします。結局、保険の金額が少なすぎて、加害者にもっと払ってくれというのに対して、保険で十分払われるのだから、文句言わないでそれをもらって示談にしなさい、という加害者側とのすれ違いからおきます。
それから、同乗者に対しての補償が、最ももめる原因です。
どんな事故でも、100対0になることはほとんどありませんから、場合によっては、被害者側の同乗者が被害者を訴えるということも起きるのです。
裁判所では大抵、中間をとって話は決着します。お互いの言い分を聞いていたら、いつまで経っても裁判が終わらないからです。

おすすめ情報



Copyright(c) 2017 身の回りにおきた訴訟エピソード All Rights Reserved.